現状

諸外国に比べ、日本では普及が進んでいない。普及を妨げる理由には安定供給がなかなか難しいというジェネリック医薬品メーカーの問題とジェネリック医薬品に対する医師・薬剤師の知識不足がある。 現状で後発品の普及がすすんでいる国は英国、米国、ドイツなどで以下に各国の普及率(数量ベース)を示した。 * 55% 英国 * 53% 米国 * 46% ドイツ * 17% 日本 * 13% フランス なお2006年のデータでは従来普及率の低かったフランスが39%に伸びている。 現在、日本でも医療費抑制のため厚生労働省主導でジェネリック医薬品(後発品)の普及が進められている。 具体的な動きとして、2008年4月より処方箋の書式が変更になり「病気に対して処方できるジェネリック医薬品がない」「患者が新薬を望んでいる」など特別な事情がない限りジェネリック薬が処方されるようになった。 この動きにあわせて各医薬品メーカーはジェネリック医薬品の積極生産へシフトしつつある。

Copyright © All rights reserved.ジェネリック医薬品について.